G1 CLIMAX27の感想

13日に今年のG1が終わりました。

今年は予想通り内藤哲也選手の優勝です。

やっぱそうだよね、今一番勢いあるし納得です。

感想は確かに内藤選手の言う通りこの人数でリーグ戦する意味あったのかなって感じです。あきらかにパワーバランスおかしいし、もうブロック式になって何年か経つけど昔のように総当たりが良いと思うな。総当たりだと色々どんでん返しも起こるし。

 

Aブロックの棚橋選手VS内藤選手

Bブロックのオカダ選手VSケニー選手

の勝ったほうが優勝決定戦って流れが決まった時に感じたのはもちろん好カードだなとは思うが少し冷めてしまった部分もありました。(実際の試合内容は大満足ですけどね)

もちろん決勝の内藤選手VSケニー選手の試合は素晴らしかったです。

去年の因縁もあるでしょうし良かったです。

スターダストプレス解禁。決まらなかったが興奮した。

やはり最後はデスティーノ!

そしてデ・ハポン!!!

蝶野がリングに来た時の2大カリスマの競演はニヤリとしたな。

 

今後は1.4東京ドームへ向けての流れですね。オカダ選手のIWGP防衛と内藤選手の持つ挑戦権利書をかけての秋の流れが楽しみですね。

 

自分の2018.1.4東京ドームのカード予想は

メイン IWGP戦 オカダ選手VS内藤選手

セミ インターコンチ 棚橋選手VSケニー選手

 

なんかありきたりですが今の新日はきっとこのカードで来るでしょう!

ここ数年行けてないので来年は行きたいな。

東京ドームでロスインゴーベルナァブレスゥ デ ハポン!!!ができるでしょうか?

ではまた。